機微力研究所について

 

メッセージ

私たちのミッションであります「機微力の普及や育成を通じて、グローバル社会における異文化理解や多文化共生の促進に貢献する」その実現のためには、検定創発をきっかけとして、世の中へと機微力をより広く普及させていくことが必要不可欠と考えます。

世界中の同志の皆様とともに、当社団法人の活動を通じて、企業や教育機関におけるダイバーシティ・多様性の促進へと寄与してまいる所存です。当社団法人の趣旨にご賛同いただける皆様、是非ご参画いただきますようお願い申し上げます。

代表理事
森 義之

 

 

概 要

2013年、現在研究責任者を務める山本が、日常の機微の察し方をまとめた「常識として知っておきたい社会人のルール」を商業出版。その反響の大きさや、インターンシップでの外国人留学生との交流などから現代社会における”機微”の潜在的なニーズを実感しました。
「機微」という言葉のニュアンスは日本人の多くが捉えているものの、それをより体系的に、そして後天的に身に付けられるものとして確立するため、2019年、機微力研究所を設立しました。産学連携体制で研究を進める機微力研究所では、なんとなく感じていた”機微”および”機微力”を学術的根拠に基づき紐解いていきます。
ENTER

 

 

沿 革

2015.08 東京工科大学との産学連携協定を締結
2016.03 東京都中小企業振興公社「事業可能性評価事業」採択
2016.03 「 かわさき起業家オーディション」かわさき起業家優秀賞・日本起業家協会賞受賞
2016.06 経済産業省「ものづくり・商業・サービス新展開支援」採択
2019.04 東京大学との産学連携をスタート
2019.04 千葉工業大学との産学連携をスタート

 

 

理事紹介

代表理事
イングホールディングス代表取締役会長

森 義之

理 事
社会保険労務士法人リーガル・リテラシー

黒部 得善

 

 

研究・開発体制

産学連携体制

機微力研究所では、学会や研究機関との連携を通じ、機微力検定の開発・促進、実証実験などにて社会課題の解決に努めています。現在は東京大学、東京工科大学、千葉工業大学と産学連携を行なっています。

東京大学【多文化共生・統合人間学プログラム(IHS)】

  • 哲 学
  • 多文化共生
  • 異文化理解
  • グローバル人材関連
大学院総合文化研究科
地域文化研究専攻多元世界解析講座
教授
森山 工

Moriyama Takumi
大学院総合文化研究科
教授
高橋 英海

Takahashi Hidemi
大学院総合文化研究科
言語情報科学専攻
准教授
板津 木綿子

Itatsu Yuko
大学院総合文化研究科
超域文化科学専攻
准教授
関谷 雄一

Sekiya Yuichi

東京工科大学

  • 教育工学
  • メディア学
  • 統計学
メディア学部 メディア学科
大学院 メディアサイエンス専攻
教授
松永 信介

Matsunaga Shinsuke

千葉工業大学

  • 感性工学
  • 人間工学
  • 行動分析学
千葉工業大学 社会システム科学研究科
マネジメント工学専攻
教授
関 研一

Seki Kenichi